色が黒い人は日々努力して美白している

色が黒い人は透き通る色白の人に憧れ、日々努力して美白していることと思います。 ですが、自分が持っている肌の色より白くすることはできないので、美白に限界を感じているのではないでしょうか。

肌が黒いタイプの人は日に焼けて赤くなった後、その分黒くなり、その日焼けもなかなか元来の肌には戻りに来そうです。 肌が黒い人はメラニンの生成量が多いようで、色白の人に比べると黒くなりやすいのだそうです。 いつも日に焼けることのない、お尻の色が本来の自分の肌の色だと認識するのがよいそうです。

少しでも色白を目指したいのであれば、目安はお尻と同じ褐色までと思い、乾燥を防ぎ、美白化粧品の使用、そして、食生活からもメラニンの生成を抑える食材を選んで食べるようにする、ということです。 色白の人に比べ、色黒の人はメラニンの耐性があるので、シミやそばかすはできにくいと言われています。

シミやしわ、たるみなどの日光による老化が遅いと言われています。 肌が黒いだけで、色白の人と比べがちになり、コンプレックスを持ちやすくなりますが、色が黒いという理由だけで、自分を卑下してしまわずに、ありのままの自分を受け入れる、もしくは頑張って美白の努力をする、という気持ちが大切だと考えます。

色白の人よりも肌年齢は若く、そして健康的にみられます。健康的に見られるという事は明るく、活発にもみられるということです。色白の人から見たらうらやましいことだと考えます。